本八幡駅すぐグランデヒロ本八幡2F
本八幡駅すぐグランデヒロ本八幡2F

副甲状腺疾患(骨・カルシウム代謝異常)

副甲状腺とは

副甲状腺
PTH:副甲状腺ホルモン
Ca:カルシウム
vitamin D:ビタミンD

皆様がご存知でいらっしゃる甲状腺、それとは全く違う組織が甲状腺の裏側四隅に一個ずつ存在します。これらを「副甲状腺」といい、人体の骨・カルシウム・リンの代謝を行うホルモン(PTH)を分泌している内分泌器官です。
副甲状腺ホルモン(PTH)は血液中のカルシウム濃度を一定に保つため、骨からカルシウムを遊離させたり、腎臓からカルシウムを再吸収させたりしています。骨に対しては、破骨細胞(骨を壊す細胞)を活性化して骨吸収を促進させる働きと骨芽細胞(骨を作る)を刺激させ骨形成を促す働きがあり、この過程でカルシウムが血液中に遊離します。

原発性副甲状腺機能亢進症

副甲状腺ホルモン(PTH)が過剰に分泌される病気です。結果、カルシウムが過剰に溶け出し、骨がもろくなってしまいます(骨塩減少症・骨粗鬆症)。カルシウムの溶け出しがひどいと高カルシウム血症となり、

  • 悪心、嘔吐、食欲不振、胃潰瘍
  • 多尿、口渇
  • 腎機能低下
  • 尿路結石
  • 情緒不安定(イライラ)
  • 意識障害(重症例)

を認め、重症例では意識障害などを認めます。
副甲状腺に腫瘍などができることが原因です。4つのうち1つにできる腫瘍(ほとんど良性)のタイプか、4つがいずれも肥大する(過形成)タイプになります。
前者は責任病変のみを切除する手術治療を選択することが一般的です。最近では薬物によりコントロールする方法もあります。治療によりいずれの症状も改善します。後者は亜全摘或いは全摘・一部皮下に自家移植を行います。特殊な病気(多発性内分泌腫など)を合併していることがあるので、全身の詳しい検査が必要です。骨粗鬆症が進行してしまったケースでは、別途治療を行う必要があります。

続発性副甲状腺機能亢進症

前述の「原発性」に対し、進行した腎臓病によりカルシウム・リン代謝が崩れた結果、副甲状腺ホルモンが代償するために過剰に分泌される病気です。こちらも骨に強く影響しますが、カルシウム値は腎臓病の影響を受けむしろ低下します。副甲状腺ホルモンを低下させるためのお薬(カルシウム受容体作動薬・ビタミンD製剤)や、骨粗鬆症(ビスフォスフォネート製剤など)のお薬を内服していただく必要があります。

副甲状腺機能低下症

副甲状腺機能低下症

PTHの分泌低下あるいは作用不全の状態で起こる病気です。甲状腺の全摘出術後や放射線治療後、遺伝子異常、自己免疫疾患で発症します。低カルシウム血症で見つかることが多く、重症例では手足の痙攣(テタニー症状)を認めます。治療は活性型ビタミンD3製剤を主に内服していただき、カルシウム値の適正化に努めます。

〒272-0023 千葉県市川市南八幡4-4-26 グランデヒロ本八幡2F

tel.047-379-1808

総武本線「本八幡駅」より徒歩2分
都営新宿線「本八幡駅」A1,2,3出口から徒歩30秒
京成本線「京成八幡駅」出口1から徒歩4分

[休診日]金曜・土曜午後・日曜・祝日
受付時間 日祝
8:00~11:30
15:00~18:30

Page Top Page Top